ERPトピックス

*

【ニュース】 富士通SSL、マルウェア検知から隔離、駆除、復旧、報告まで支援

   

【ニュース】 富士通SSL、マルウェア検知から隔離、駆除、復旧、報告まで支援
 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは10月2日、「マルウェア検知・拡散防止サービス」の出荷を開始する。
エンドポイントに侵入したマルウェアの検知や自動隔離、駆除に加え、同社のセキュリティ専門家が脅威情報を活用し、対処、復旧、報告までの一連のインシデント対応を支援する。
 本サービスの主な特長は4つ。
1つ目は、新種や亜種のマルウェアも阻止できることだ。
そのために、ウイルス定義ファイルや機械学習、振る舞いのクラウド解析など、複数のマルウェア検知技術を備えた、マカフィーのEDR(エンドポイント検知、対応)ソリューションを活用する。
加えて、本サービスの利用企業で検知されたマルウェア情報を、ほかの利…

>>続きを読む
http://www.keyman.or.jp/nw/20071952/

 - 業界動向