ERPトピックス

*

【ニュース】 FQSS、クラウド利用時のセキュリティ統制をCASBの運用代行で支援

   

【ニュース】 FQSS、クラウド利用時のセキュリティ統制をCASBの運用代行で支援
 富士通九州システムサービス(FQSS)は、企業や組織のクラウド利用におけるセキュリティ統制を支援する「クラウド利用統制サービス」を10月中旬に発売する予定だ。
 本サービスでは、複数のクラウドサービスに対して、セキュリティポリシーの適用やクラウドアクセスログ分析、アクセスコントロールを行う仕組み「CASB」(Cloud Access Security Broker)として、Skyhigh Networksの「Skyhigh」を採用。
これにFQSSの技術者による分析・運用サポートを組み合わせ、24時間365日、同製品が出力するイベントの監視と分析を行う。
 クラウド利用状況を可視化すること…

>>続きを読む
http://www.keyman.or.jp/nw/20072015/

 - 業界動向