ERPトピックス

*

【ニュース】 リコー、異なる機器や環境からも接続できるビデオ会議製品を提供

   

【ニュース】 リコー、異なる機器や環境からも接続できるビデオ会議製品を提供
 リコーは10月27日、さまざまな環境や機器からの相互接続が可能な、仮想会議室タイプのビデオ会議システム「RICOH Unified Communication System Advanced」を発売する。
 本システムでは、同時に50接続まで可能な仮想会議室をクラウド上に開設できる。
専用のIDを持っていなくてもゲスト招待により参加できるため、頻度の少ない相手先との会議や、社内外をつなぐ会議に適している。
 他社製の機器やマイクロソフトのWeb会議サービス「Skype for Business」などからも仮想会議室に接続できるため、既存システムの有効活用が可能だ。
さらに、ビデオ会議システム…

>>続きを読む
http://www.keyman.or.jp/nw/20072178/

 - 業界動向