ERPトピックス

*

【ニュース】 リコー、空室物件の360度画像にバーチャルで家具などを配置可能に

   

【ニュース】 リコー、空室物件の360度画像にバーチャルで家具などを配置可能に
 リコーは7月17日、不動産の空室物件の360度画像に、バーチャルで家具や小物を配置して表示できるサービス「RICOH360 – VRステージング」を開始する。
 本サービスは、全天球カメラ「RICOH THETA」で撮影した360度のイメージを、企業などのWebサイトで動的に表示できるクラウドサービス「THETA 360.biz」での新たなサービスだ。
 実物の家具のような優れたリアリティーで、不動産の空室物件画像にバーチャルで家具や小物を配置し、部屋のイメージをより具体的に表示することが可能。
客はその部屋の活用イメージや空間イメージをあらゆる角度で閲覧できるため、集客の促進や物件の早期…

>>続きを読む
http://www.keyman.or.jp/nw/20073933/

 - 業界動向