ERPトピックス

*

【ニュース】 日立、自治体のデータを外部と連携可能にして政策立案などを支援

   

【ニュース】 日立、自治体のデータを外部と連携可能にして政策立案などを支援
 日立製作所は8月21日、全国の自治体向けに、「地域IoT連携クラウドサービス」を発売した。
提供開始は10月1日だ。
価格は個別見積もり。
自治体が保有するデータのオープンデータ化と利活用、民間のクラウドサービス利用を支援する。
 本サービスでは、インターネットと分離したセキュアな庁舎内のネットワーク環境や、ウイルスの感染を防ぐ無害化通信を維持しながら、自治体のデータを外部と連携できるよう、クラウド間データ連携機能を提供する。
これにより、従来、自治体の情報端末で利用が許可されていた特定のアプリケーションやサービスだけでなく、電車の乗り換え検索やWebサイトの閲覧といった各種インターネットサービス…

>>続きを読む
http://www.keyman.or.jp/nw/20074197/

 - 業界動向