ERPトピックス

*

ドローンで公共施設の“台風21号”の被災状況を点検、飛行プランの決定に天気予報システム活用

   

ドローンで公共施設の“台風21号”の被災状況を点検、飛行プランの決定に天気予報システム活用
ドローンで公共施設の“台風21号”の被災状況を点検、飛行プランの決定に天気予報システム活用
大阪府泉南市で2018年9月19~21日、E・C・R一級建築士事務所がドローンを使用し、公共施設の点検撮影を行った。
泉南市と同事務所が2018年4月6日に締結した「災害時における支援協力に関する協定書」に基づくもので、期間の決定には同社がサービス提供するドローン向けの天気予報システム「Dro天(どろてん)」が活用された。
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1810/09/news028.html

 - 業界動向