ERPトピックス

*

【ニュース】 H&T、時間外労働を可視化可能に、36協定や改正労働基準法に対応

   

【ニュース】 H&T、時間外労働を可視化可能に、36協定や改正労働基準法に対応
 ヒューマンテクノロジーズ(H&T)は10月17日、時間外労働を可視化するクラウドサービス「KING OF TIME データ分析」をリリースした。
 本サービスでは、勤怠管理システム「KING OF TIME」と自動で連携し、勤怠データを分析。
残業の多い従業員や不適切な働き方の従業員を検知できる。
具体的には、時間外労働に関する「36協定」の順守状況をグラフで可視化できる。
部署や所属別のランキングを表示することも可能だ。
また、改正労働基準法における残業時間についての条項「2~6カ月の平均では80時間以内」「1カ月では100時間未満」「特別条項の適用は年6回まで」の順守状況(残時間など)もグラフ…

>>続きを読む
http://www.keyman.or.jp/nw/20074587/

 - 業界動向