ERPトピックス

*

【ニュース】 日立、生産現場のデータ連携を容易にして生産工程全体の最適化を支援

   

【ニュース】 日立、生産現場のデータ連携を容易にして生産工程全体の最適化を支援
 日立製作所は12月、製造業での生産工程全体の最適化を支援するシステム「IoTコンパス」の提供を開始する。
価格は個別見積もり。
 本システムでは、生産設備の稼働状況や環境情報などのOT(制御・運用技術)データと、生産計画や在庫管理などのITデータを、デジタル空間上でひも付け、AI分析やシミュレーションによる継続的な生産業務の改善を可能にするデータ活用基盤を提供する。
 鋳造やプレス加工、溶接、塗装、組み立てなど、それぞれの工程の個別システムに蓄積されているOT/ITデータを関連付け、生産工程全体にわたるさまざまな業務とデータの関係を視覚的に分かりやすく可視化する。
生産工程の追加や変更が発生…

>>続きを読む
http://www.keyman.or.jp/nw/20074593/

 - 業界動向