ERPトピックス

*

【スマホで施工状況をチェック】佐藤工業らがアプリ「健コンカルテ」を開発 クラウドサーバーで一括管理

   

【スマホで施工状況をチェック】佐藤工業らがアプリ「健コンカルテ」を開発 クラウドサーバーで一括管理
【スマホで施工状況をチェック】佐藤工業らがアプリ「健コンカルテ」を開発 クラウドサーバーで一括管理
 佐藤工業とエヌデーデー(東京都中野区、塚田英貴社長)は、コンクリートの施工状況のチェック作業と表層目視評価点入力をスマートフォンで実施できるアプリ「健コンカルテ」を開発した。既に施工現場に導入したほか、トンネル工事から明かり工事までさまざまな構造物に順次導入する。 従来、 施工状況のチェックや表層目視評価は、 シートを紙に印刷して現場で記入し、事務所に戻って表計算ソフトなどの書式に入力していた。健コンカルテは、国土交通省東北地方整備局のコンクリート品質管理で使われている「施工状況把握チェックシート」や「表層目視評価シート」について、事前にチェック項目や評価項目を登録して作業個所にスマートフォンを持っていけば、その場でチェックシートや評価シートに入力できる。完全オフラインの環境でも、端末に必要事項を入力し、事務所に戻ってからオンライン環境でデータをサーバー上にアップデートできる。キヤノンITソリューションズのノンプログラム超高速開発ツール「Web Performer」を使って設計から実導入まで短期間で開発した。 オープンストリーム社の「Biz/BrowserSD」を活用しているため、スマートフォンだけでなく、パソコンなどでも利用可能で、現場状況に合わせた活用が可能。クラウドサーバーで一括管理するため、現場以外の本支店でも品質状況を確認できるほか、アプリをダウンロードするだけで新規工事に導入できる。また、クラウドサーバー上で、データ改変ができないシステムとしている。 建設通信新聞の見本紙をご希望の方はこちら
https://www.kensetsunews.com/web-kan/270490

 - 業界動向