ERPトピックス

*

別々のプラットフォームで購入したデジタルコンテンツをひとまとめにクラウドで管理するデジタルロッカー …

   

別々のプラットフォームで購入したデジタルコンテンツをひとまとめにクラウドで管理するデジタルロッカー ...
別々のプラットフォームで購入したデジタルコンテンツをひとまとめにクラウドで管理するデジタルロッカー …
デジタルコンテンツの購入を1つのプラットフォームでのみ行っているうちは管理に悩むことはありませんが、複数のプラットフォームを活用している場合は、「アレはこっちのサービスで見て、コレはあっちのサービスで見て……」といった具合に管理が難しくなってくるもの。
そんな際に便利なのが、複数のプラットフォーム上に存在する音楽や映像コンテンツのデータをクラウド上に保管し管理するという「デジタルロッカー」サービス。
この草分け的存在でもあった「UltraViolet」が、現地時間の2019年1月31日にサービスを終了しました。
ユーザーがUltraVioletで購入した映像コンテンツは、指定されたサービスのいずれかに移すことが可能です。
https://gigazine.net/news/20190201-ultraviolet-shutting-down/

 - 業界動向