ERPトピックス

*

クラウドからエッジまで、高効率かつ低消費電力な推論を実現する方法

   

クラウドからエッジまで、高効率かつ低消費電力な推論を実現する方法
クラウドからエッジまで、高効率かつ低消費電力な推論を実現する方法
ディープラーニングをベースに、近年、急速に発展してきたAI(人工知能)アプリケーション。
その進化の速度は留まるところを知らず、活用の幅を広げ続けています。
先端分野で活用するためには、新しいニューラルネットワークやアルゴリズムを構築する必要がありますが、既存のCPUやGPUではその性能を発揮しきれない場合もあります。
そうした時に必要となってくるのがFPGAの活用と言えます。
https://news.mynavi.jp/article/20190627-848967/

 - 業界動向