ERPトピックス

*

三井不動産が基幹システムを刷新、フルクラウド化で年間5万8000時間の業務量を削減へ

   

三井不動産が基幹システムを刷新、フルクラウド化で年間5万8000時間の業務量を削減へ
三井不動産が基幹システムを刷新、フルクラウド化で年間5万8000時間の業務量を削減へ
三井不動産は2019年7月11日、基幹系システムを全面刷新し、フルクラウド化したことを発表した。
本格稼働は2019年4月に開始している。
新システムは、決裁・会計システムに「intra-mart」および「SAP S/4HANA」を、経費精算機能として「Concur Expense」を採用した。
https://it.impressbm.co.jp/articles/-/18244

 - 業界動向