ERPトピックス

*

Oracle、クラウドマーケットプレイスでDeFi構築ツールを強化

   

Oracle、クラウドマーケットプレイスでDeFi構築ツールを強化
Oracle、クラウドマーケットプレイスでDeFi構築ツールを強化
ソフトウエア大手のオラクル(Oracle)は、イーサリアムベースのエンタープライズ向けブロックチェーン開発企業、ハイドロゲン(Hydrogen)を自社クラウドマーケットプレイスに加えた。
2019年9月4日の発表によると、銀行、投資、貯蓄、保険、健康管理などのアプリケーションを開発する50万近くのオラクルユーザーは、ハイドロゲンのAPIを利用できるようになった。
オラクル・クラウド・マーケットプレイス(Oracle Cloud Marketplace)は、パース(PaaS:platform as a service)とイァース(IaaS:infrastructure as a service)のリーディング・プロバイダー。
ベンダーが参加するには、オラクルによる審査を通過しなければならない。
ハイドロゲンのグロース担当ディレクター、スコット・ラスパ(Scott Raspa)氏は、11月に創業2年を迎える同社の製品はスケーラビリティにおいて他社製品と一線を画しているとCoinDeskに語った。
マーケットプレイスのユーザーは、現在ベータテスト中のHydrogen Moleculeを含む同社のAPIを使って、本人確認、国境を越えた送金、証券のトークン化など複数のシステムを構築できる。
さらにハイドロゲンによると、同社の技術を使えば、ブロックチェーン上で運営される融資や金融サービス、いわゆる分散型金融(DeFi)を簡単に構築できるという。
前述のMoleculeは、分散型金融の一領域である分散型取引所を構築するプロトコル、ハイドロ(Hydro)上に構築され、ハイドロはイーサリアム上に構築される。
「ハイドロゲンのMoleculeはDeFiにおけるストライプ(Stripe)のようなもの。
開発者の使いやすさを優先したAPIとライブラリのセットで、DeFiの標準となるだろう。
DeFiはいまや世界中のあらゆるアプリケーションに追加できる」と同社はコインデスクに語った。
大口顧客 マイケル・ケイン(Michael Kane)氏とマシュー・ケイン(Matthew
https://www.coindeskjapan.com/19456/

 - 業界動向