ERPトピックス

*

第一生命の中長期IT戦略は攻めと守りの「バイモーダル」 オンプレを活かしつつクラウド移行を推進

   

第一生命の中長期IT戦略は攻めと守りの「バイモーダル」  オンプレを活かしつつクラウド移行を推進
第一生命の中長期IT戦略は攻めと守りの「バイモーダル」 オンプレを活かしつつクラウド移行を推進
少子高齢化、人口減少が進む日本だが、その影響が直撃する業界のひとつが保険業界だ。
今後、ビジネスモデルの改革が必須という状況といえる。
大手生保の一角である第一生命保険は、次世代ITシステム基盤「ホームクラウド」を構築しデジタルトランスフォーメーション(DX)改革に臨もうとしている。
その第一フェーズは、2019年9月末に稼働した。
2019年10月10日、日本マイクロソフトの記者説明会にゲストとして招かれた第一生命保険ITビジネスプロセス企画ユニット長ITビジネスプロセス企画部長の若山吉史氏が、その背景にある同社の中長期IT戦略「バイモーダル戦略」と「ホームクラウド」の詳細を解説した。
https://it.impressbm.co.jp/articles/-/18683

 - 業界動向